安いDMサービスの利用の方法について

ネットプリントサービスが普及したことで、DMは安い料金で制作できるようになっています。これは業者のサイトから直接注文を入れるスタイルとなるので、全国どこからでも依頼することができます。その方法には2つのパターンがあります。まずはデザインデータを全て自分で用意して入稿する方法があります。ある程度印刷に関する知識は不要となる、従来の製版会社に依頼するような形です。ただし担当する営業マンがいないので、データの用意は自分で行う必要があります。そしてもう1つはデザインをテンプレートから選び、文字や画像などのデータのみをサイトから入稿する方法です。サイトによってはユーザーが自分でレイアウト編集できるものがありますが、基本的には業者にレタッチ作業を頼むことになります。

さらに便利なサービス提供について

ネットプリントによる安いDM印刷のサービスには、便利なものが色々とあります。例えば配送を代行して行い、さらにその反響率を調べるというものです。これは集客力を高めるデザインパターンを調べるために役立ちます。デザインを変えて配送し、そこからどの程度の問い合わせや来店につながったのかを調べるサービスです。反響率の高いエリアを調べることも可能となります。あるいはターゲット層をいくつかに分けて、最も反響の大きな年代を特定するようなこともできます。このように何度も配布する必要があるので、料金はなるべく安く抑えられた方が良いわけです。また部数も少なくすることが多いので、オフセットよりもオンデマンドによる印刷を利用した方が、より単価を抑えることができます。

ネットプリントを利用することのメリットについて

様々なサービス展開をするネットプリントを利用することで、安い料金でDMを制作できます。さらにデザインテンプレートを利用することで、反響率の高いものを作ることも可能です。このようなネットプリントの利点は他にもあります。まず納期の短さも必要とする時にすぐ手配できることで重宝されめす。配送にはタイミングが重要なので、欲しい時にすぐ納品されると安心できます。サービスによっては即日配送が可能となるところもあります。そしてオンデマンドの最大の特徴として、一部ごとにコンテンツを変えることができるメリットも生かせます。宛名を変えることはもちろんのこと、すでに店舗を利用した顧客に向けた案内で提案する商品やサービスを変えることができるのです。これは従来のオフセット印刷では不可能だった便利な機能と言えます。