宣伝ツールとして安いDMの制作方法のコツ

宣伝ツールとして役立つDMは大量に配送するために、安い費用で生産したいものです。そのためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。まず印刷業者の選び方ですが、一度に大量の部数を印刷するのであれば、オフセットがお得です。これは注文枚数が多いほどに単価が安くなる特徴を持っています。品質も高く高精細印刷を利用すれば、インパクトのあるものを作れます。一方でエリアやターゲットを限定するのであれば、少部数だけ注文することになります。その場合には、オンデマンドを利用すると安く仕上げることが可能です。しかも納期も短いので、必要な時にすぐ手配することができます。さらにオンデマンドの場合には、宛名も1枚ごとに印刷できるので、手間をかけずに済む利点もなります。

ネットプリントならば便利に活用できます

印刷業者の中でも人気を集めるのがネットプリントです。全国どこからでも注文できるメリットがありますし、料金も安いので便利に活用できますDMのような宣伝ツールは、一度や二度配布するだけでは効果はありません。何度も配布することで、ブランディング効果も生まれます。お店を認知してもらうことにも役立ちますし、次第に開封率も高まるようになります。そのためには何度も作成して配布することが必要なので、できる限り安く注文できることが大事というわけです。ネットプリントはコスト削減を追求することで、従来の製版会社よりも単価を抑えていることが特徴となります。さらにネットプリントはデザインもテンプレートを用意して簡単に作れるようにしています。その手軽さも人気の理由です。

安さの他に見られる利点について

ネットプリントはDMを安い料金で注文できるものですが、他にも利点は色々とあります。例えば従来の製版会社ではデータを持ち込んで、担当者と打ち合わせをしながらレイアウトなどを決めていきます。けれどもネットで注文できるために、どれほど遠方からでも必要な時に利用できます。サイト上でデザインを決めることができますし、文字の配置や写真のレイアウトをユーザーが決めることが可能というわけです。手間をかけたくなければデザインの作業を任せることもできますし、注文したその日に配送手配をしてもらうこともできます。さらに肝心の宣伝効果を高めるために、開封率の高いテンプレートを利用することも可能です。これまでのように印刷に関する知識を持っていない人でも、誰でも注文できるのは大きな利点と言えます。