お得で安いDM制作で宣伝効果を高める方法

集客ツールとして活用されるDMをいかに安い費用で制作するかは、費用対効果を高めるために重要なことです。もちろん品質を落とすようなことがあってはいけませんが、程よい質を維持しつつ安く注文できる点ではネットプリントが適しています。宣伝効果を高める方法として、まずはブランディングがあります。これは店舗や会社の知名度を高めるためのものですが、何度も配布することで社名や商品名などを自然と記憶してもらうことができます。そのためにはターゲットを限定して何度も配布を繰り返すために、コストを極力抑えることが必要となります。さらに選定した顧客それぞれに適するコンテンツを届けることも大切です。どんな商品やサービスを届ければ良いのか、顧客ごとに異なる内容を届けることになります。

オンデマンドという印刷の特長を生かす

従来のオフセット印刷機は大量に印刷することに関しては単価を下げるメリットがあります。けれども当然ながら、全てのコンテンツは同じ内容となりますし、顧客ごとに異なるコンテンツを届けるのであれば複数のパターンで印刷するしかありません。それに対してオンデマンドによる安いDM制作ならば、一部ごとに異なるコンテンツを印刷することが可能です。顧客それぞれに対して特別感を与えることで、購買やサービス利用につなげることが可能となります。宛名もそれぞれにプリントできるので、別途にシールなどで貼るような手間もかかりません。このような利便性を活用することで、効率良く宣伝効果を高めることができるわけです。さらにネットプリントの配送代行を利用すれば、反響率の測定なども行えます。

オンデマンドによる品質の特長とは

何かと利点が多く、安い費用でDM制作ができるオンデマンドですが、もちろん注意点もあります。オフセットほどの精細さは無いので、細かなデザインの場合には再現性が落ちることです。ベタ部分も範囲が広くなると色のムラが出てきます。そのためにデザインに関しては少しばかりの制約があります。また大量に印刷するのであれば、オフセットの方が早く印刷できます。そこで利用方法によって的確な使い分けをすることで役立てることができます。細かく配送して反響率を調べたりブランディングを行うならば、オンデマンドで充分です。あるいは顧客ごとにお勧めしたい商品などが異なる場合にもオンデマンドが役立ちます。そこで有効なデザインパターンが定まったならば、大量に印刷するためにオフセットを利用するのも良いでしょう。